ESM-Opedia 紹介

ESM-Opedia 簡単サーバー監視ツール

以下のようなご要望を解決すべく、可能な限り簡単に設定、監視ができるをコンセプトに、ESM Opediaは開発されました。

● 監視ツールは設定が複雑で、構築にも時間がかかる
● サーバーの監視で何をどの程度まで監視したら良いのか分からない
● 監視の運用自体に手間をかけたくない

ESM-Opediaの特徴
即座に Linux環境上にパッケージを導入後、簡単な登録作業で監視がすぐに開始できます。
監視パラメータは、専用テンプレートを使用して簡単に設定、変更が可能です。
簡単に 基本的なサーバー情報を登録するだけで監視が開始が始まります。
複数のサーバーの監視を登録する場合は、EXCELでデータを作成、インポートにより、一括登録できます
基本操作はブラウザで完結。複雑な操作は不要です。
解り易く ログインID別に、表示する監視対象を個別に設定することが可能です。
自分の好みで画面表示(ツリー構造)を変更することが可能(表示のグルーピング)です。
監視項目毎に監視スケジュールの設定ができます。
監視項目
サーバー機器 ■死活監視

Ping応答、ARP応答、TCPポート(DNS,FTP,POP3,SMTP,HTTP,HTTPSなど)指定の応答

■リソース監視

CPU使用率、DISK使用率、メモリ使用率、DISKのパフォーマンス、メモリのパフォーマンス、ネットワークのパフォーマンス

■ログ監視

syslog、Eventlog、アプリケーションのテキストログ

■稼働監視

プロセス、サービス、プロセス・キュー数、SNMPによるMIB

ネットワーク機器 ■死活監視

Ping応答、ネットワークインターフェイスの応答

■リソース監視

CPU使用率、メモリ使用率、ネットワークインターフェイスのトラフィック

■稼働監視

SNMPによるMIB

その他
データベース監視
■Microsoft SQL Server

データベースのキャッシュのヒット率
データベースのファイルサイズ、使用率
インデックス検索数
ログイン数、セッション数
テーブルまたは、インデックスのスキャン数
コンパイル処理数
データベースのロック数
データベースのトランザクション

■ORACLE Database

自動拡張可能な表領域
データベースのキャッシュのヒット率
インスタンスのステータス
データベースのファイルサイズ、使用率
ログイン数、セッション数
ロールバックセグメントの領域
データベース領域の利用状況
データベースのロック数

監視可能なサーバー・ネットワーク機器
サーバー ■Windows Server 2008,2012 など
■Linux
■Oracle Solaris
■IBM AIX
■IBM AS400
■ESXi、vCenter
ネットワーク ■CISCO社 Catalyst
■ヤマハ社 ルータ(RTシリーズ)
稼働環境/システム要件
ハードウェア ■IAサーバー

CPU:Intel xeon 2.5GHz 2Core 以上
MEM:2GB以上
HDD:20MB以上(OSなど除く)
その他:EtherNet IFなど

ソフトウェア ■オペレーティングシステム

RHEL 5(32bit) もしくは、 CentOS 5(32bit)
RHEL 6(32bit) もしくは、 CentOS 6(32bit)

■WEBサーバー

Apache 2.2.14

■Java環境

ORACLE Java 1.6.2

操作用PC ■ブラウザ

Google chrome 3.01以降 ※推奨
IE(Internet Explorer) 11以降
FireFox 3.5以降

■その他

Adobe FlashPlayer Ver10以上

<< 前のページに戻る