メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

導入事例

サンプル株式会社

三井住友建設 株式会社様

CSR活動にて、地球温暖化対策、二酸化炭素排出量削減をめざす。

導入背景

三井住友建設様ではCSR(企業の社会的責任)活動にて、地球温暖化対策、二酸化炭素排出量削減をめざし、建設施工段階におけるCO2削減対策として、建設現場での使用電力削減を検討していました。

工事現場での使用電力は電力会社から請求書が来るまでわからないため、まず、削減対策の初めとしては電力の見える化が必要と考えました。 そのため、キュービクルの取り引きメーターから出力されるパルスでのデマンド値計測や現場事務所及び詰所などの分電盤も計測でき、それを「見せる化」できること、また、複数の電力計測センサに対応していることなどの条件でご検討され、これらの条件を満たしていたESM-ECOMOをご採用頂きました。

導入のポイント

建設施工段階における節電のためには、建設現場での使用電力を「見える化」して把握することだけではなく、電力の分析結果を「見せる化」することにより建設現場での節電意識向上を図ることが必要であると考えていました。
その為、「見せる化」した場合の視覚性の良さも重要でした。

導入効果

ESM-ECOMOを活用して建設現場での使用電力の「見える化」をすることにより、定量的に現場使用電力の把握、分析が可能となりました。
また、「見せる化」することによる情報開示の効果も期待してます。

お客様の声

今後はESM-ECOMOで使用電力のムダと思われる部分を探し出し、電力削減に活用していきます。


このページの先頭へ

ページの終了